よくある質問
FAQ

よくある質問

Qどのような在宅医療の体制でしょうか?
A当院では患者様にご自宅や施設で安心して療養して頂くために、複数の医師と看護師によるチーム制にて診療を行っております。このチーム内の連携がスムーズに運ぶよう日々の申し送りで情報共有をしています。
Qどのような処置まで対応してくれますか?
A様々な診療機器の普及で、ご自宅でも多くの検査や処置ができるようになりました。詳しくはトップページの診療内容を御参照ください。
Q夜間休日も、緊急対応してくれますか?
A24時間、電話にて対応しております。患者様の状態に応じて、救急車を呼ぶように指示したり、緊急往診に駆け付けたりします。
Q約束の時間ぴったりに訪問してくれますか?
A急患対応や交通事情により、スケジュール通りにお伺いすることができない場合があります。約束のお時間の前後30分程度の変動はご容赦下さい。大幅に遅れる場合は、その旨、お電話を差し上げています。
Q定期的に病院にも通院できますか?
Aはい、通院できます。在宅医療を開始してからも、かかりつけの先生に診療をうけることは可能です。専門的なことは今までの主治医の先生に、家でのことは私たちにという病診連携により、継続して通院することもできます。
Q在宅医療をはじめた後で、再度入院が必要になったときはどうなりますか?
A在宅医療を開始した後も、患者様の病状やご家族の都合により、在宅医療の継続が困難になることがあります。 そのような場合は、患者様の容態に応じた連携病院をご紹介させていただきます。
小石川ホームクリニックでは、以下の病院と連携をしております。

・三楽病院
http://www.sanraku.or.jp/hp/

上記以外にも、平成14年からの開業実績により、都内近県の多くの医療機関との連携実績があります。なお病気の状態や病院の空床状況などにより、ご希望の病院に入院できないことがあります。
Qお薬も自宅に届けてくれますか?
Aはい。ご希望により可能です。
お薬につきましては、基本的には診療時に「処方箋」を発行しますので、お近くの保険薬局や調剤薬局でお受け取りください。薬局へ行くのが困難で自宅への配達を希望される場合は、配達ができる薬局をご紹介いたしております。
Q認知症の疑いがあるのですが?
A認知症サポート医養成研修を修了した医師がおります。
安心してご相談ください。
Q在宅で終末期医療を希望しておりますが可能でしょうか?
A緩和ケア研修会を修了した医師がおります。 身体的苦痛や精神的苦痛を軽減することによって、QOL(Quality of Life)を向上することに主眼を置き、医療的処置(緩和医療)に加え、精神的側面を重視した総合的な措置をとることができます。住み慣れた家でご家族とお過ごしください。

アクセス

〒112-0002
東京都文京区小石川4-20-1
イトークリエイト小石川ビル3階
03-3868-8282 03-3868-8281